日本、そして世界各国に根強いファンが存在するモネが有名な『睡蓮』を着手してから100年。そんなモネをテーマにした展示会、モネそれからの100年が2018年7月14日(土)~9月24日(祝月)に横浜美術館にて開催されております!

モネのこれまでの歩みを作品とともに振り返る

モネは画家人生の中でその描き方も時代とともに変化していきました。その変化を彼のキャリア年代ごとに作品を展示鑑賞しながら実際に感じることが出来ます!大変有名な画家の人生を実物の作品とともに感じることが出来るなんてこんな機会早々ありません!気になるチケット代は大人¥1,600、大学・高校生¥1,200、中学生¥600、小学生以下はなんと無料です。是非この機会に肌感覚で芸術を感じに行きましょう!(毎週木曜日は美術館が閉館となりますのでご注意を)

日時 2018年7月14日(土)~9月24日(祝月)
   10:00~18:00(毎週木曜日定館日)
場所 横浜美術館
  (みなとみらい線 みなとみらい駅徒歩3分
            JR京浜東北・根岸線 桜木町駅徒歩10分)
モネそれからの100年公式HP:
https://monet2018yokohama.jp

-本ページにおける画像等は公式HPより引用-

カテゴリー: 8月9月

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です