芸術ってなんだか専門的で難しそうだなっと感じている人多いのでは無いでしょうか、私も芸術について同じような感覚を抱いております。でももっと先入観を捨てていろんなことに向き合うことが大切なのではとも思います。始めないと何も始まりませんからね、、っとなんともカッコつけた事を言いましたが、今回はそんな芸術に関するイベントのご紹介です!笑
マルセル・デュシャンと日本美術が2018年10月2日(火)~12月9日(日)の期間、東京国立博物館にて開催されております!

芸術は見るんじゃない。考えるんだ。

公式HPに載っていたこちらのセリフ、、かっこいい。。笑 本イベントでは西洋芸術に多くの衝撃を与えてきたマルセル・デュシャンの創作活動について紹介し、これらに対し日本の芸術を対比し考える事で、日本固有の芸術について考え再認識させる構成となっております。1つのものを観る時に、何か対象を持ってきてあげるとより客観的にそのものについて理解を深められるという事ですね!チケット代は一般¥1,200(¥1000)、大学生¥900(¥700)円、高校生700(¥500)円、中学生以下は無料となっております!(カッコ内は前売り券料金)この機会にぜひ日本芸術ついて、”見る”のではなく”考え”てみてみましょう!
※毎週月曜日は休館日となります。

日時 2018年10月2日(火)~12月9日(日)
   9:30~17:00(金土曜日、10月31日、11月1日は21:00まで)
場所 東京国立博物館
 JR上野駅公園口 徒歩10分
 メトロ銀座線・日比谷線上野駅7番出口 徒歩15分
 京成電鉄京成上野駅 徒歩15分マルセル・デュシャンと日本美術公式HP:
http://www.duchamp2018.jp

-本ページにおける画像等は公式HPより引用-


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です