絵を描くって人間のできる行動の中でも、特に発想性の高い作業だと思います。自分の頭の中に写っているイメージを、絵という媒体を通じて他の人々に共有する。すごい事を当たり前のようにできる人間ってやっぱりなんだかすごいなって思ってしまいますね笑 意味のない絵は存在しない、そんなことを教えてくれる、のかな?そんなイベントをご紹介致します!
バッドアート美術館展が2018年11月22日(木)~2019年1月14日(月)の期間、Gallery AaMoにて開催されます!バッドアートとは何だろう、きになるイベント内容についてみていきましょう!

ボストンより迷作が多数来日!ゴミ箱やリサイクルショップに置かれていた絵画たちによる他にはない美術展!

本イベントはとにかく変わっています!普通美術館に飾ってある作品というのは、その精巧さや表現力、色彩の美しさなど世界的にも評価された名画の数々です。しかし本イベントではその正反対・バッドアート、すなわち町のゴミ箱やリサイクルショップに置かれていたいわば無価値にも思える作品のみを集め展示している美術展です!この時点でもう私はこの展示会に興味しかありません笑 今回はそんなバッドアート800作品の中から110作品がボストンより来日。チケット代は当日券が大人(高校生以上)¥1,300(前売券の場合¥1,100)、小人(小・中学生、当日・前売一律)¥200となっており、近隣施設TeNQとの相互割引&ポストカード付セット券も用意されており、お得に両施設を楽しめるという事でぜひ公式HPをチャックしてみて下さい!誰かが一生懸命書いた絵、たとえそれが一般的に上手と判断されなくたって、必ずその作品には作者の意図や感情が宿っているはず。ぜひこの機会にバッドアートを観て色々考えてみましょう!!

日時 2018年11月22日(木)~2019年1月14日(月)
  10:00~18:00 ※17:30最終入館
場所 Gallery AaMo
  JR・都営地下鉄水道橋駅スグ
  メトロ後楽園駅スグ
バッドアート美術館展公式HP:
https://www.tokyo-dome.co.jp/aamo/event/MOBA2018.html

-本ページにおける画像等は公式HPより引用-


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です