21世紀に生きる私たち。テクノロジーは日々進化を遂げ、目まぐるしい勢いで世の中の常識や生活環境が変わってきています。ドローン、仮想通貨、AI…数えたらキリがありません。この先10年後にどのような未来になっているかももはや想像するのが難しい時代となっています。今からおよそ100年後の22世紀にはどんな未来が待っているのだろう、ロボットは人間に限りなく近い存在になっているのか。夢とちょっとした怖さを覚えます笑 猫型ロボットだってきっといる。
「キテレツ大百科」×「ドラえもん」~江戸時代の発明と未来のひみつ道具~が018年1月25日(木)~2019年1月15日(火)の期間、川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムにて開催されております!ITが発展する今、あの時思い描いた未来はそう遠くはないかも知れません。

江戸時代の発明品と未来の発明品の比較!それぞれの時代に思い描いた未来の姿を見てみよう!

本イベントでは、22世紀からやってきた猫型ロボットとして日本人なら誰でも知っているドラえもんに出てくる未来の発明品と、「奇天烈大百科」にて発明品を書き下ろした江戸時代の天才キテレツ斎による過去の発明品を比較して展示しております。時代の異なる双方の発明品を比較することで、時代は違えども以外な共通点や、現代にも活かせるヒントが見つかったりするかも知れません!本イベントでは貴重な原画と共に考察することが出来るので、ドラえもん好きの方必見のイベントです!また同施設3Fミュージアムカフェでは、それぞれのキャラクターがモチーフの可愛いグルメ・ドリンクメニューも販売!不藤子・F・不二雄先生の世界観溢れるミュージアム、ぜひこの機会に訪れてみては。

日時 2018年1月25日(木)~2019年1月15日(火)
  ※火曜、年末年始休み(ただし臨時開館あり)
場所 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
  小田急・JR登戸駅 有料シャトルバス約9分
  小田急向ヶ丘遊園駅 徒歩16分
  JR宿河原駅 徒歩15分
「キテレツ大百科」×「ドラえもん」~江戸時代の発明と未来のひみつ道具~公式HP:
http://fujiko-museum.com/exhibition/

-本ページにおける画像等は公式HPより引用-

カテゴリー: 10月11月12月1月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です